いちご鼻 洗顔 おすすめ

いちご鼻の洗顔でおすすめの洗顔石鹸はしっかり毛穴の掃除をしケアしてくれる洗顔石鹸です。いちご鼻は洗顔が必要ではありますが過度な洗顔はいちご鼻をさらに悪化させるのでおすすめではありません。優しい洗顔石鹸でしっかりケアして行きましょう。
MENU

紫外線が肌によくない季節

紫外線は肌を日焼けさせるため、夏になると意識し始める人が多いようです。季節が夏にちかづくにつれ、お店で売られるUV商品も多くなります。夏は特に紫外線が強くなりますが、春秋冬でも紫外線は肌に届いています。冬は少なめですが、それでもどの季節でも紫外線は存在しています。最も多いのは6月から8月ですが、3月に入れば紫外線は増加します。紫外線B波は冬でも最盛期の30%、紫外線A波は50%も地面にまで来ているといいますから、油断していると紫外線の影響を受けてしまいます。肌への影響を考えるなら、夏以外の季節にも紫外線対策は行っておくべきと言えるでしょう。紫外線は、季節による増減のほかにも、様々な要因でその量や強度が変化します。天候や時間帯だけでなく、どの地域に住んでいるかによっても紫外線の量は異なっています。地域の標高の影響も受けますし、太陽光の反射が多ければ紫外線量も増加します。旅行に行ったら思いがけず日焼けをしてしまったという人もいますが、これはいつもと違う場所で、いつもと違う活動をしているためという可能性もあります。紫外線量は均一ではなく、時間や場所などのちょっとした条件で変わります。季節や行き先などによって肌への影響が異なることを忘れずに場所にあった紫外線対策を行うように心がけるとよいでしょう。

紫外線が肌によくない理由

紫外線は肌によくないと言われているですが、なぜ紫外線は肌によくないのでしょうか。肌に紫外線が照射されると、どんな作用があるものなのでしょう。太陽の光には、常に紫外線が含まれています。太陽の光を浴びている時は、常に紫外線も浴びていると考えていいでしょう。太陽から降り注ぐ光の中には、目に見える可視光線だけでなく、紫外線と赤外線も常に存在しています。可視光線以外の光は両方とも視認することはできませんが、波長の長短で紫外線と赤外線に別れます。紫外線はさらに波長の違いによって紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波の3つに分けられます。このうち紫外線C波はUVCとも呼ばれ、オゾン層によって吸収されるため地上には到達しないと言われています。けれども、紫外線C波を吸収していたオゾン層が減少していると言われていることから、いつか状況が変化するかもしれません。肌に赤外線が当たっても、直接的な害はありません。しかし、赤外線て肌の表面温度が上がると、紫外線の影響を受けやすくなります。赤外線の作用で、紫外線が肌にダメージを与えることもあるようです。紫外線のカットをしっかり行うことが、肌へのダメージを減らす重要な方法と考えられるでしょう。

紫外線から肌を守る必要性について

紫外線を防止する為の対策方法を、日差しの強い季節になってくるとよく見聞きするようになります。ドラッグストアや通信販売などに、紫外線対策効果つきの化粧品や衣類などが登場するようになります。以前は、夏は積極的に日焼けをしたほうが体が丈夫になると言われていました。紫外線から肌を守ることはほとんど考慮に入れずに、健康にいいからという理由で子供に日焼けをさせていたことも珍しくありませんでした。この頃は、紫外線はほどほどにしないと体によくないという研究報告が上がっています。紫外線に当たり過ぎると皮膚がんや白内障のほか、免疫力の低下によって感染症にかかりやすいと言われています。紫外線は病気ばかりでなく、皮膚の老化の原因になったり、老化の進行を加速させたり等、美容の面から見ても大きな影響があると考えられています。肌を紫外線にさらさないようにすることは、美容のためにも欠かせません。紫外線防止を目的とした研究や商品の開発は、非常に熱心に行われています。市場には紫外線防止ようのグッズも充実しつつあり、色々な方法でお肌を守ることができます。肌に降り注ぐ紫外線を完全にシャットアウトすることはまず無理ですが、紫外線対策グッズを賢く使うことで、可能な限り紫外線による肌への影響を防ぎたいものです。紫外線防止成分を配合したメイク用品や日焼け止めクリーム、紫外線をカットする長袖のシャツやサングラスなど、商品の種類も色々です。日焼けしてからの手入れでは手遅れです。いつも気にかけて少しの外出でも紫外線を防止して肌を守るための対策をするようにしましょう。

 

いちご鼻の洗顔におすすめ

このページの先頭へ